● LOGOS(ロゴス)

「 Enjoy Outing !(エンジョイ・アウティング)」を合言葉に、アウトドアのさまざまな楽しみやスタイルを、日々アップデートしながら提案する総合ブランド。

この氷点下パックシリーズは、保冷力に特化したアイテム。サッカーシーンでは、その保冷力を活かして熱中症予防にご使用いただけます。そこで、このページではサッカーシーンにおける熱中症の予防法及び、氷点下パックシリーズについてご紹介していきます。5月と言えど、日中は日差しが強かったり、気温が高くなるなど、プレー中に熱中症になる可能性が十分にあります。まだまだ夏は先ですが、今から熱中症予防をしておくことが大切です。皆さんも今の時期から熱中症に気を付けましょう。


熱中症予防には冷やすことが大切です。

暑い日のサッカーで気を付けたい熱中症。気付かない内に体温がどんどん上昇していき、次第に体や脳機能に不調が表れます。その為、以下のような方法で熱中症を予防しましょう。
また、冷やすことは疲労回復にも効果的。身体の冷えた部位の温度を戻そうと、血流が一気に増える為、特定の部位への疲労物質の蓄積が抑えられます。その為、激しい練習や試合の後には、ふくらはぎや太腿をアイシングして、ケアしましょう。なお、今季のスポットアイテムで熱中症予防商品として、「冷感ポンチョ」をリリース予定ですので、こちらも乞うご期待。

冷たい水で水分補給をする。

常温ではなく、冷たい水を摂取することで、身体の中から体温を下げましょう。

ミネラルと塩分を補給する

塩分・ミネラル不足も熱中症の原因になります。水分補給と共に行うことで、より効果的に予防できます。

外側から体を直接冷やす

手首・足首や膝の裏、脇の下など、皮膚と血管の距離が近い場所を冷やすと、より効率的に体を冷やすことができます。

冷たさをキープ!

いざ身体を冷やそうとして、予防アイテムが冷たくなかったら意味が無いですよね?そこでおすすめなのが、今回のコラボアイテムであるソフトクーラーです。保冷パックと組み合わせて使用することで、予防アイテムの冷たさをキープしてくれます。ここからはソフトクーラーの詳細についてご紹介していきます。


個人利用におすすめ

氷点下パック 抗菌・ベーシッククーラー

10mm厚の断熱材で冷たさをキープするベーシッククーラー。スクイズボトルが横向きで6本入るほどの大きさです。昼食や補食を入れたりと、個人での使用がおすすめ。クーラー内側が抗菌加工でお子様がいる家庭でも安心して使用できます。

保冷力を高める10mm厚の断熱材

夏場でも長時間保冷力を保つため、厚手の断熱材を使用しています。

熱を逃がさない断熱材ジッパー

ジッパー部分の裏にも断熱材を使用し、冷気の流出を防ぎます。

簡単に折りたためるスリム収納

ソフトタイプなので使わない時の収納場所にも困りません。

DETAIL

 総重量:(約)520g
 サイズ:(約)幅30cm × 奥行22.5cm × 高さ28cm
 内寸:(約)幅28cm × 奥行20.5cm × 深さ25cm
 容量:(約)15L
 収納サイズ:(約)縦28×横31×厚さ8cm
 主素材:ポリエステル、EPE、PEVA、PP

商品ページへ

チーム利用におすすめ

防水たためるアースクーラー

折りたためるドラム型クーラー。フタ部分は半分だけ開けて使えば冷気を余分に逃がさない。折りたためば厚さ12cmになり、ショルダーベルトでひとまとめに。また、防水生地を使用しているため、汚れが落ちやすいのも特徴。土のグラウンドでの使用も安心です。

防水生地だからガシガシ使える

内側はもちろん外側も防水なので、汚れも落ちやすくスポーツにもぴったりです。

円形クーラーなのにコンパクト収納

分解できるからコンパクト収納。使わないときの収納場所にも困りません。

DETAIL

総重量:(約)2.2kg
サイズ:(約)幅35cm × 奥行35cm × 高さ39cm
内寸:(約)幅33cm × 奥行33cm × 深さ38cm
収納サイズ:(約)縦25cm × 横39cm ×厚さ12cm
容量:(約)26L
主素材:ポリエステル(TPUコーティング)、PEVA、MDF

商品ページへ

強力保冷剤

一般的な保冷剤の約8倍の保冷能力

事前準備の凍結時間が約18~24時間。一般的な保冷剤の約8倍の保冷能力をキープ。食べ物や飲み物はもちろん、冷凍食品やアイスクリームまで保存できます。冷凍庫に常備しておくと、急な停電等のいざという時にも庫内の冷たさを保ってくれます。内容物には植物性天然素材を使用しており、安心してご使用いただけます。

半透明だから、凍結状態がわかりやすい

効果を最大に活かすため、ロゴスの氷点下パックは、「半透明」仕様です。凍結状態を確認することができるので、暑い季節のアウトドアシーンにもパワーを発揮することができます。凍結前は透明感がありますが、凍結すると、白っぽく変化するので、見た目でわかり便利です。

ATTENTION

● 氷点下パックが凍結しない場合

凍結条件としては、冷凍庫内がマイナス20℃以下になっている事が必要となります。冷凍庫の温度設定を最強(マイナス20℃)にセットしてください。 ※夏場は冷凍庫自体の冷却能力が低下し、庫内温度が上昇しやすくなりますので、凍結しない場合があります。 また、氷点下パックを重ねたり、他の食品等と接触させないようにしてください。

● 氷点下パックの内容物は?

植物性天然高分子を使用していますので、万が一容器が破損して内容物が漏れ出しても、人体に影響ありません。また、天然成分を使用していますので、製造時期によって配合を変えているため、内容物の粘性が異なる事がございますが、凍結能力には影響ありません。

©2024 SVOLME All Rights Reserved.